​当サロンのHPをご覧頂き誠にありがとうございます。
このHPは全て柳本の手作りでございます。至らぬ点もあるかもしれませんが、一通り目を通して頂けますと幸いです。
ジャルダンのフェイシャル技術は、オーナーである私のコンプレックスを元に、
過去6,000名様以上の施術経験と解剖学、皮膚科学、クリニカルマッサージ、運動機能解剖学、骨格診断等のあらゆる視点から、圧倒的に理想の小顔へと導く技術を作り上げるため、日夜研究を続けております。
Naoka Yanagimoto
owner/top therapist
5月2日生まれ A型 牡牛座
浜松市出身
エステティック協会認定エステティシャン取得​
エステティックに従事し10年間で約6,000人以上の
施術経験​
 
2014年 forme et beauté LE JARDIN設立
Asian Beauty Projectとしてチャリティーに
参加、ベトナムに遠征。

​はじまりはスキンシップ

中学生の頃、バスケ部で痛めた膝の治療で、父に連れられてスポーツマッサージに行きました。その頃私はマッサージを受けるよりも「どこを推すと気持ちよく、身体が楽になるのか」を家に帰ってから父にしてみせる事が一番好きでした。

 

お腹が痛いとき、母が手を当ててくれると不思議と楽になった記憶があります。

「手当て」という言葉も在るように、人の手が触れる事により心や痛みが治癒される魔法の様な力を、この時から信じていたように思います。

​自分が変われば世界は変わる

 短大を卒業するに辺り、1年生の終わりから就職活動が始まりました。

​コンプレックスの固まりで、自分に得意なものはひとつも思い浮かびませんでした。働くにあたって意識していたことは、「興味があること」そのひとつとして、

エステサロンがあがり、その他にもウェディング産業、IT、不動産など色々な企業の企業説明会に参加しました。

 その中でエステサロンに就職を決めたきっかけは、「自分が変われば世界は変わる」という言葉。私自身、コンプレックスが多く「ひとよりも秀でて出来ることはない」と考えていたからこそこの言葉は私自身を変える一つのきっかけになりました。

​ホンモノとは何か

 エステサロンに就職後、サロン内で行われる研修を受けながら、エステティシャンとしての知識をつけてお客様に実際に施術をしていくようになりました。そこで、あるお客様のお悩みについて私は一般的な知識しか持っていない事に気づき、自分がプロとしてお客様に関わっていく以上、もっとより知識を深め、より高いサポート力を身につけていく必要性を感じ、すぐに勉強をする為に退職をする決意をしました。

 ものに溢れ、情報が溢れるこの時代だからこそ、ホンモノと言われる真のサービスをお客様に提供する為には、常に知識を深め、お客様のお悩みを解決する為のサポーターとして、技術力だけでなく、専門的な知識を身につける必要があると思ったからです。

​目指すサロン経営とは

 これまで、4つのサロンで転職をしました。いつか自分のサロンを!という思いを持ち出したのは、働いて行くうちに気づいたらそのように考えていたと思います。どの業種にも言えるのですが、経営は売上がしっかりと上がらないと成り立ちません。だからと言って、お客様に必要のないもの・有益ではない情報をお伝えして行くのは違うと思っています。

 どこに行ってもあるものではなく「ここにしかないもの」を常に探しています。取り扱うお化粧品一つ、販売する商材一つをとっても、必ず売り手の顔が見え、どのような思いで販売しているかを知ることを大切にしています。​それと同じだけ、当サロンの技術も他にはないものを。当店オリジナルであること、施術者の思いが反映されていることを大切にし、お客様のご要望やお悩みを聴きながら繰り返し繰り返し研究を重ねています。

女性は世界の中心です。

 予てから考えていることがあります。社会の基盤は一つ一つの家庭にあると思っています。どのような環境で育ち、どのような価値観を持つのか。人の持つベースは生きてきた過程と、生まれ育った家庭にあります。家庭の基盤は母です。どんな人でも、母のお腹で10月10日、同じように育つ。だからこそ社会の基盤になっているのは母であり、かなり飛躍しますが世界の中心は女性だと思うのです。

 女性が輝き、豊かであればあるほど、男性は精を出し、世界を理想の方向へ引っ張って行ってくれる。いつの日も、女性は美しく、輝いていて欲しいと思います。

全ては「私」から始まる

 とてもマイナス志向に悩んでいた時期もありました。そんなとき、世界はなんて冷たいのだろうと思った事もあります。嫌なことが多いと感じるのも、いいことが多いと感じるのも、それを決めているのは他の誰でもない「私」自身だと思うのです。どんな人生なのか、どんな世界を生きるのか、その主人公であり創作していくのも「私」です。そう気づいてから、当サロンのテーマを「全ては私から始まる」としました。

​ 思ったことに蓋をするのではなく、その一つ一つと向き合っていくことはとても重要なことです。そして、人生を一緒に歩んでくれる私の体は、毎日部屋を綺麗に掃除するように、目をかけて手をかけて癒してあげて欲しいです。

 社会の中心であり、家庭の中心であり、母であり、妻であり、職人であり、仕事人間であり、、、そんな女性が輝き活躍していく社会を創造していきたいと思っています。

 ーーーーーーーーーー優しい思いの溢れる世界になりますように。

about

BLOG